テーマやコンセプトのある結婚式を演出するには?!

愛し合う新郎新婦が一緒に作っていくのが「結婚式」という作品です。

結婚式は、多くの場合一生に一度しか行われません。

ですから、会場や衣裳などにこだわるだけでなく、思い出に残るようなテーマやコンセプトのある結婚式を挙げるのがおすすめです。

テーマやコンセプトを決め方とは??

結婚式を挙げる時には、素晴らしい思い出にしたいと誰もが思います。

それなら、ありふれた感じのない自分たち二人だけのテーマやコンセプトを結婚式に盛り込むといいのです。

たとえば、二人とも楽器を演奏する趣味があるなら、素敵な音楽をコンセプトにするのもいいと思います。

もし、同じ色が好きな二人なら、好きなブルーをテーマカラーにしてしまうのもいいですね。

また、結婚式は特別なお祝いの儀式ですから、その日だけの特別な雰囲気を持つ二人を演出するのもいいのではないでしょうか?

たとえば、憧れの映画のワンシーンをイメージした結婚式にするのも素敵です。

もし、花嫁の憧れている女優がオードリー・ヘップバーンなら、彼女が出演していた「ローマの休日」のような雰囲気を作ることもできます。

それに、二人が大好きな国がフランスであれば、パリジェンヌを思わせるような斬新なドレス姿に花嫁が身を包むのもいいですね。

フランスで流行っているシャンソンをBGMとして取り入れたり、フランスの国花である白ユリの花を式場内に飾るといった演出もできます。

コンセプトを決める時には、結婚式を終えた後来てくれたゲストたちにどのような印象が残るようにしたいかを考えましょう。

たとえば、楽しいパーティーだったと言われたいのか、素敵なパーティーだったと言われたいのかによっても演出方法が変わってきます。

結婚を祝ってくれるゲストたちには、ゆっくりと楽しめる結婚式であってほしいといった希望もあるでしょう。

もちろん、コンセプトを決めることによって結婚式の会場も適するものが違ってきます。

ですから、結婚式のコンセプトについては、会場を決める前に二人で考えるようにする方がいいですね。

結婚式のテーマについては、会場が決まってから決定してもいいのです。

もし、二人だけではテーマを決められないなら、結婚式場のスタッフに意見を出してもらうこともできます。

全体的な雰囲気や音楽、装飾などは決めたテーマにぴったりなものを選ぶ方向に持っていきましょう。

結婚を祝ってくれるゲストたちの思い出に残るように、結婚式を挙げる二人らしい印象を与えられる式になるように工夫しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ