ウェディングヴェールは魔除け

ウェディングドレス姿の花嫁は、頭にウェディングヴェールと呼ばれる透けた白い布を被っているのが通例です。]

このウェディングヴェールって、本当は魔除けのアイテムとして使われていたことをご存知ですか?

実は、こうしたヴェールと呼ばれる布は、古代ローマや古代ギリシャの文明が栄えていた時代からありました。

昔の聖母マリアを描いた絵画にも、彼女がヴェールを被っている姿が表現されています。

頭にヴェールを被って魔除けにするというのは、キリスト教においてプロテスタントがしていた習慣でした。

結婚式の時に花嫁がウェディングヴェールをするのは、その習慣から来ているのでしょう。

ウェディングヴェールに使われる布地といえば、チュールやオーガンジーなどの白い布です。

ヴェールの縁には、レースなどが美しくあしらわれたデザインになっています。

その種類には、ロングヴェールやショートヴェール、マリアヴェールなどがあるのです。

結婚式では、花嫁が邪悪なものから身を守れるように、ウェディングヴェールを着けます。

神聖な結婚式には欠かせない習慣

そして、新郎が花嫁のウェディングヴェールをアップさせて誓いのキスをする儀式は、間にある壁を取り払い、二人が親密になったことを表します。

夫になった新郎と妻になった花嫁が最初に顔を合わせるという意味もあります。

このウェディングヴェールは、バージンロードを歩く前に花嫁の母親が自らの手で下ろすこともあります。

これは、最近よくある「ベールダウン」と呼ばれる儀式です。

扉の前で、ゲストの人たちにその様子を見せながら、ウェディングヴェールを下ろしてもらうこともあります。

その後、花嫁は父親と腕を組んだ姿で入場します。

花嫁のヴェールを下ろすことは、今まで深い愛情を持って娘を育ててきた母親にとっての最後の仕事なのです。

ヴェールを下ろす時には、「幸せになってね」などの温かい言葉をかけるようになっています。

こうした儀式は、とても感動的ですから泣いてしまう人も多いです。

おそらく、花嫁のご両親にとっては様々な思いが駆け巡るでしょう。

花嫁にとっては、両親との今までの深い絆を感じることができる儀式でもあります。

最近は、この「ヴェールダウンセレモニー」がよく行われているようです。

家族との深いつながりを再確認できる儀式ですから、結婚式に取り入れるカップルが増えています。

ウェディングヴェールは、魔除けの意味があるだけでなく、特別な母親との深い絆まで感じることができる、結婚式には不可欠なアイテムだということが分かりますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ