ウェディングケーキが必要なのは何故?!

ウェディングケーキといえば、結婚式には欠かせないものという認識がありますよね。

では、何故ウェディングケーキが結婚式に出てくるようになったのでしょうか?

実は、ウェディングケーキの由来については世界中に様々な言い伝えがあるのです。

世界中のさまざま言い伝え

たとえば、キリスト教が力を持っていた西洋では、悪魔が苦手とする食べ物は甘いものであるとされていました。

ですから、結婚して幸せになろうとしている二人に悪魔が近寄ってこないようにとの願いを込めて、甘いケーキをみんなで食べていました。

つまり、ウェディングケーキには魔除けの意味が込められていたのです。

また、アメリカでは結婚式の日に、新婦がビスケットなどのお菓子を焼いて知り合いに振舞う習慣がありました。

これは、新婦の料理の腕が良いことを周囲に認めてもらい、お嫁さんになる資格があることを確かめるためだったのです。

ギリシャ神話においても、ウェディングケーキの由来かもしれないとされている説があります。

それは、古代ギリシャの結婚式において、パンなどを半分に分けて新郎新婦が食べることによって永遠に愛を貫く証としていたことです。

ウェディングケーキが欠かせない理由

このように、ウェディングケーキが結婚式において不可欠となった由来には、様々な説があります。

子供の頃から、何段にも重ねられたウェディングケーキを見て憧れていた人も多いのではないでしょうか?

「あんな大きなケーキをいつか食べてみたい」と思っていた人もいるでしょう。

初めは、一段だけの普通のケーキが結婚式で使われていました。

しかし、19世紀頃になるとウェディングケーキに用いられるのは三段重ねのデザインになります。

そして、披露宴にやってきたゲストたちに最下段のケーキが振舞われたり、結婚式を欠席したゲストに中段のケーキが届けられるようになっていきました。

実は、最上段のケーキは、昔は新郎新婦の最初の子供のために取っておいたのだそうです。

とにかく、現在のウェディングケーキには、結婚した二人の人生に幸福が多いように、そして子孫が繁栄するようにとの願いが込められています。

何段にもウェディングケーキを積み上げるのは、その願いが天の神様にまで届くようにとの思いも込められています。

結婚式にウェディングケーキを分け合ってみんなで食べることにより、多くの人たちが幸福をお裾分けしてもらい、新郎新婦が幸運に恵まれることを祈るという意味もあります。

昔は、ケーキが贅沢品だったので、結婚式が特別な日であるという意味合いもあったのでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ